Googleリーダー終了で注目のRSSリーダー“feedly”の使い方を日本語で解説するチュートリアルサイト

トップPC版feedlyの使い方* feedlyとfacebookを連携させる(PC版)

feedlyとfacebookを連携させる(PC版)

feedlyとTwitterを連携させる」で解説したとおり、feedlyにはいくつかのWebサービスと連携する機能があります。

このページでは、そのうちfacebookとの連携について説明します。feedlyで、RSSフィードをチェックしていて見つけたお気に入りの記事を、ボタンひとつでfacebook上でシェアできる機能です。

facebookのボタン

シェアしたい記事のタイトル下の、facebookアイコンをクリックすると、“Login to Facebook Please login to facebook first(フェイスブックへのログイン まずフェイスブックにログインしてください)”というメッセージが表示されます。このうち、“Login to Facebook”の部分がテキストリンクになっていますので、そこをクリックします。

“Login to Facebook”をクリック

すると、お使いのfacebookアカウントが右上に表示されたダイアログが表示されますので、“OK”をクリックします。

facebookアカウントが右上に表示されたダイアログ

すると、次の画面に「feedlyがあなたの代わりに友達に投稿する許可を求めています」というメッセージが表示されます。

feedlyがあなたの代わりに友達に投稿する許可を求めています

友達に思わぬものを送りつけてしまう結果になってしまうのでは、という危惧を抱いてしまうようなメッセージですね。しかし、おそるおそる左下の「友達▼」というボタンをクリックしてみましたら、このようなリストが展開しました。どうやらfacebookにおける共有範囲を設定するダイアログである模様。

共有範囲を設定するダイアログ

今回は、テストですので、公開範囲を「自分のみ」に設定して投稿してみることにしました。“OK”をクリックすると、feedlyとfacebookの連携が完了します。

公開範囲を「自分のみ」に設定

その上で、feedlyのシェアしたい記事に戻り、タイトル下の“facebook”をクリックすると、入力窓が開きます。シェアする記事についてのコメントを書き込んで“Post”をクリック(入力窓は空白でもOKです)。

コメントを書き込んで“Post”をクリック

これで投稿は完了です。facebookのタイムラインを見ると、記事のサムネイル画像とタイトル、内容の一部とともに、自分の入力したコメントが表示されています。facebookで直接Webページをシェアした場合と異なるのは、feedlyから投稿されたことを示す「(feedlyより)」という表示が付くことです。

facebookのタイムライン

公開範囲の変更や、連携の解除は、facebookから行います。画面右上の歯車アイコンをクリックし、開いたリストから「アカウント設定」を選択。

移動したページの左サイドを見ると「アプリ」という項目があります。クリックして「アプリ」のページに移動すると、「利用しているアプリ」一覧に“feedly”があるはず。

「利用しているアプリ」一覧

「編集」をクリックすると、共有範囲などの設定が変更できます。また、「編集」の右の[×](削除)をクリックすると、「feedlyを削除しますか?」というメッセージが表示されます。「削除」をクリックすると、facebookとfeedlyの連携が解除されます。

feedlyを削除しますか?

このページのトップへ ▲

feedlyの使い方検索

スポンサードリンク